JUN KANEKO

金子潤

1976年生まれ 福島県在住

歪んだ弱々しい沢山の線でチクチク描いたものたちは、
どこか一箇所でも切れてしまうと簡単に崩壊してしまう危うさがある一方、
集まることで強さを増し、その集合は美しい紋様を
生み出すこともできます。
その美しさは家族との日常、地域との繋がり、暮らしを装う喜びや、
誰もが持っている不完全さ、痛み、
それらを受け入れる日々の記録と言えるのかもしれません。